no tap,no shout,no future
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








TEAM絶叫タップのこと 2


奴について書かねば…
江古田エディ★という男について。

元々は江古田★GALOと名乗っていたのだが、さすがにガロ級※1は無理があるのか体重が増えてきて、ちょうどガロ級でやっていけなくなった頃に俺様節でジャン・ジャック・マチャド※2の教則本を見てダメ出ししたり、ジムで技研してると「それって…」と俺様スタイルを押し付けるようになったので

「もうガロじゃないし、エディ・ブラボー※3みたいだから『江古田エディ』だね?」

と自分が何気なく言ったのを大層気に入ったようで、★までつけて一人称を「エディ」にするほどに。

んで奴は幼馴染だの親友だのと吹聴してますが、某ジムの研修生として最初のクラスにたまたま来ていたこの男と入会時期がたまたま一緒※4だったり、たまたま地元の市が一緒でたまたま同い年だから奴の中学の同級生の何人かと自分が高校で友達だったりしただけで、初めて会った時点で29歳だし自分は6歳まで都内の他の市に居たから幼馴染なんてありえない上に芋掘りに一緒に行くわけないだろうと。
更にたまたま同じ血液型※5だなんて…
あ、いくちゃん※6と山ちゃん※7は幼馴染って事でお願いします。

さて、何が彼をそこまでさせたのだろうか?
恐らくは奴がまだ自分の事を「○○さん」と呼んでいて遠慮があった頃に
「ヴォルク・ハンの本名知ってる?」
と聞かれてバカ正直に答えてしまった※8ものだから、奴の中の自分に対する何かをONにさせてしまったのだろう。

そして奴がブログを立ち上げてその中で自分を変なキャラ付け※9したり、奴の過激な思想をブログで展開しながら自分を同調者として巻き込んだりと止まるところを知らず、さながらブレーキの壊れたダンプカーとなっていたところにジャンボリーの話が舞い込む事に。


火に油を注ぐとはまさにこの事。


…何故かチームグッズを作成!

ZKPATCH.jpg
まぁパッチはいいでしょう。
センスはどうかと思うけど。

TAPT.jpg
Tシャツかよ!
しかもピンクかよ!
英文の意味が全然わからないよ!※10


じ、実は気に入ってなんかいないんだからねっ!

UWF.jpg
これは…

これがどういうわけか(UWFパッチ以外)完売。
本業がブランドプロデュースというだけあって仕掛けがうまいのか煽りがうまいのかは知らないけど、この(当時は)平凡な青帯5人のチームに人の関心を惹いたのは正直すごいと思う。
もうすっかり飽きられてますが。

当時思った事は
「これだけ煽られて試合の内容がしょっぱかったりしたら恥ずかしいなぁ」

そして自分はしょっぱい試合しかできませんでしたが


チームは準優勝でした

(なんかまとまっちゃった気がするけど、続くつもり)

▼【TEAM絶叫タップのこと 2】の続きを読む...


スポンサーサイト



2008⁄02⁄07 06:00 カテゴリー:TEAM絶叫タップ comment(8) trackback(0)
▲pagetop








慰め愛


結局潰し愛を誓って絶交タップしたはずのメンバー同士では誰とも当たらずに皆トーナメントから姿を消していきました…
しかしチーム内のヒエラルキーはハッキリ三階層に分かれたので上下関係は分かりやすくなりました。

大会終わってドベ組(朝敵とパシリーニョ)が「失神タップのくせに来ねぇのかよ!」と捨て猫のような目をしながら反省会に誘うので行ってやりました。
もはや内ゲバどころか完全に傷の舐め愛です。

後ほどアップしますが、要はヤケ喰いですよ。
皆明日の朝は何キロになってるかな~とか言いながらむさぼるように喰います。
とあるお店のスペシャルメニューだけでは飽きたらず高円寺へ移動。
スイーツと聞いて眠れる猫・まる先生(今回ベスト8でチーム内最上位)も登場。
完全にグダグダでした。

▼【慰め愛】の続きを読む...





2006⁄10⁄30 14:35 カテゴリー:TEAM絶叫タップ comment(8) trackback(0)
▲pagetop








グラスコ常設道場


昨夜はマット張りのお手伝いをさせていただきました。

何をどうするかさっぱりわからないのでとりあえず仮眠を取って新江古田で桑原先生と合流。
この日は先生の勤務最終日だったらしく、沢山の花や荷物を持ってこられました
先生の人望が伺えます。

その中に手作りGRASCOキャップがあり、自分もひとつ頂きました
0728a.jpg
手作りテイスト満載すぎます。

道場へ来ると既に待機しているみなさんが。
事前の打ち合わせでは4名での作業になるはずでしたがかなりの大所帯に。
0728c.jpg
結局最後まで居てくれた方々

しかも会員さんだけではなく、grabakaジムのまる先生まで!
作業の基礎をやっていただきました。
いつでも移籍してきてください。

※桑原先生、まる先生、自分はNT柔整専門学校の同級生です。

さて、作業にかかるわけですが現場監督はなんとMAX JIU-JITSU ACADEMY & YOGA STUDIO の館長、MAX増沢さん!
MAXさんもご自分で道場のマットを張られたのだとか。
よろしくお願いします!

まずは枠作りから
0728b.jpg 0728d.jpg
長方形の木の板でマットスペースの外周を囲み、ドリルで穴を開けネジで床と固定します。

0728e.jpg 0728f.jpg 0728g.jpg
木屑を綺麗にしたらウレタンマットを敷いていきます

0728h.jpg 0728i.jpg
外周を少し開け、敷き詰めたウレタンマット同士をテープで固定します

更にその上にマットを敷きますが、全面をカバーできるサイズのマットでは空気が入り込み、このまま固定すると気泡が残ってしまいます。
0728p.jpg

そこで登場するのがMAXスティック!(命名:桑原幸一)
0728j.jpg 0728k.jpg 0728l.jpg
写真はフィジカルトレーニングじゃありません。

MAXスティックでマットを綺麗に張ったら下の木枠に合わせて上から更に同じ枠でマットの端を挟み、穴を開けネジで固定します。
0728m.jpg


そして最後の一本!
0728n.jpg
満面の笑みがこぼれてますが既に半分壊れてます。(A.M.6:00前)




▼【グラスコ常設道場】の続きを読む...





2006⁄07⁄29 13:24 カテゴリー:GRASCO comment(2) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

ZKTP

Author:ZKTP

   o-o、
   ('A`)  メガネメガネ
   ノ ノ)_

ボンクラの類です。

ブラジリアン柔術をやっています。
へたくそです。
でもだいすき。


最近の記事


気になる


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


ブログ内検索


▲pagetop



Copyright © 2017 ZKTPの部屋. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。